土が要らない!水やりも自動!
超スマートな水耕栽培プランター

贈る

園芸に手を出したいけど、ちょっと面倒……そんな悩みを吹き飛ばすアイテムをご紹介。Botaniumは、誰でも野菜やハーブを、早く簡単に育てることができるスマート水耕栽培プランター。自動で散水する仕組み、数週間持続するタンクを備え、園芸の経験がない人でも、フレッシュな野菜を育てて食べてみたいという望みが簡単に叶えられます。おうち時間が増えた今年、園芸を楽しみたいと考えている両親へのクリスマスギフトにぴったりです。

手放しで園芸ができる?!

近未来のライフスタイルを提案するショップ「GLOTURE.JP」に、超スマートな自動散水式プランター「Botanium」が登場。土を使わない水耕栽培で、ハーブや野菜を手間なく育てることができます。使い方はとにかくカンタン。種を撒き、電源を入れて数週間見守るだけ。あとは「Botanium」が植物の面倒を全て引き受けてくれます。ミニマリズムを追求したスカンジナビアンデザインも魅力的です。自動散水システムで、いつどのくらい水をやるか頭を悩ます必要がありません。必要なことは、タンクの水位が下がった時に水と栄養素を補充するだけ。しかもタンクの水は、植物、日光、温度などによって変動するものの、数週間〜1ヶ月持続。だから長期旅行でも心配無用です。

水耕栽培だからできること

水耕栽培は、シンプルに土を使わない栽培方法。Botaniumは、植物の根が必要とする水、栄養素、酸素を土壌よりも効率的に供給が可能。ハイドロカルチャーが水分や栄養素をしっかり保持しながらも、根が酸素を取り込みやすい環境を整え、よりシンプルなアプローチで、植物を早く成長させることができるのです。付属の栄養素は、育てている植物に合わせて必要な量だけスポイトで簡単に追加できます。

特殊な準備は一切不要!

水耕栽培って、特殊なライトが必要?と思う方もいるかもしれませんが、特別なグローライトを購入する必要はありません。LEDや蛍光灯の光を当ててあげることで、日光が全くなくてもほとんどの植物を育てることが可能です。 土の代わりに多孔性のハイドロボールという人工の石を使用。3時間に1度自動的に水をやり、その都度ハイドロボールが適度に水分を保持してくれるため、植物の根に必要な、水・栄養素・酸素がコンスタントに供給されます。栄養分に富んだ水が何度も再循環するため、数週間水を追加しなくてもOK。とにかくシンプルで扱いやすいから、植物は面倒と敬遠していた方にもおすすめ。植物が育つ楽しみによって、毎日にハリが生まれることも期待できそう。カラーは、スモークホワイト、アッシュグレー、ローレルグリーンの全3色。インテリアにもしっくりなじむスタイリッシュな色味も素敵です。

詳しくはこちらから

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。